映画「リビングザゲーム」&ウメちゃんのサイン会・トークショー感想文

※このブログ記事は映画リビングザゲームの感想文になります。

 

前半はウメちゃんのサイン会&トークショーの感想文で、後半は映画リビングザゲームの内容を書いた感想文になりますのでご注意下さい。

 

ここから映画の話するよ~って書くから前半の頭の悪い生でウメちゃん見たよやったーーーーーー!!っていう感想文は安心してお読み下さい。

 

※梅原さんがなんて呼ばれたい?って聞かれた時に「ウメちゃんって呼ばれたい」っていうのを配信で見てから、ずっと心の中でウメちゃんって呼んでるのでここでも梅原さんの事はウメちゃんと表記するのをお許し下さい。

 

こんばんは!何年もウメちゃんを応援しているのに今回初めてウメちゃんを生で見てめちゃくちゃ興奮しているサキヲです!!

 

いや行ってきましたよ!映画リビングザゲーム!!

元々、初日に行く予定にしていて後から「梅原大吾さん登壇」という発表があってチケットとれるかドキドキしましたが朝並んでチケットを無事手に入れる事が出来ました!

 

いや朝寝坊してね・・・・すごい焦ったんだけどね・・・・なんとかギリギリ座れて良かったです。劇場はウメちゃん登壇の影響もあって立ち見も出る大盛況ぶりでした。ほんとに取れて良かった・・・・。

 

映画の後、梅原大吾さんです!って呼びこまれてひょこって現れたウメちゃん見た時、

 

ウメちゃんって存在してたのか・・・・

 

としみじみと思いました。

数多見てきたあの試合この試合が、目の前の人によって繰り広げられていたんだなぁと思うと感慨深いものがありましたね。

 

トークショーを見ている時は、普段のウメちゃんの配信を見ている様な感じで見ていました。映画の内容や、それに関してのウメちゃんの考え方等が司会者の人に質問されてウメちゃんがそれに答えるという感じ。

 

印象に残ったのは、最近プロゲーマーになった人達はプロゲーマーを職業として見ている。でも自分や、他のプロゲーマー第一世代はプロゲーマーを職業じゃなくて生き方としてみているという話。

 

あと、獣道でときどさんが見せた涙について聞かれた時に「泣くとは思ってなかったですけど」ってウメちゃんが言った時に会場がどっと笑いに包まれてみんな獣道大好きだなって思ってほっこりしました。

 

配信とか講演とかで常々思っていた事だけど、本当にウメちゃんはお話をするのが上手だなと生で聞いて改めて思いました。

 

トークショーの後、梅原さんのフォトセッションしまーすとなってウメちゃんを撮影してもいいよっていう許可がおりたんですけど、ウメちゃんが何かポーズをとるでもなく直立不動でレッドブル持ちながら、右・真ん中・左と10秒ずつ角度を変えて静止しているのをみんなで撮るというシュールな時間がありました。

 

その時撮った写真がこれ

 

f:id:sakiwo:20180407222531j:plain

レッドブルを手に持ち司会者の人に言われた通りに10秒静止しているウメちゃん

後ろの方の席だったもんでものごっつ荒い画像でごめんなさい。

いや!!そんなことよりさ!!

 

何この時間!?

 

ってなりません?カウントダウンされてる間、直立不動で立つウメちゃんに向かって、我々観客はただただ無心にカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャってシャッター切るんですよ!?みんなシュール過ぎて笑いながらシャッター切ってるんですよ!?

 

めっっっっっちゃ面白かったです。

 

その後、サイン会の流れになって初めてウメちゃんを間近で見れるという事でパニくったらいけないと思い「獣道またやって下さい!」っていうセリフだけ用意していって見事言えたんですけど、その後脳がバグってウメちゃんが何て答えてくれたのか一瞬で忘れるという失態を犯しました。

 

いやだってほらサインしてもらった後・・・・握手・・・・握手して下さいって言ったんですよ・・・・。

 

これを逃したら二度とウメちゃんと握手する機会なんてないと思ったから、勇気出して言ったんですよ・・・・そしたら「あ、いいですよ」って気楽にね、両手でね、握手して下さったんですよ・・・・。

 

え?待って?両手?両手で!?

あ!手ぇ!!おっきい!!わしの手見えんくなった!!これが!!あの!!世界で戦い続けるウメハラの!!手!!あったか!!太陽の手!!てか手めっちゃフカフカ!!二次発酵を終えたパン生地みてぇな手!!

 

って考えてる間に脳がバグって記憶が消し飛びました。

 

連れがバッチリ覚えてくれてて「面子が集まったらやります」って言ってたよって教えてくれて本当に良かったです。わーい!!

 

f:id:sakiwo:20180407222517j:plain

念願のウメちゃんのサイン

元々、映画だけのつもりだったけど偶然この日ウメちゃんの登壇があってとても幸せな時間でした。東京で登壇終えてすぐこっちに来てそんでそのまま東京に帰るという強行スケジュールで来てくれてほんとありがとーーーーーーーーー!!!!!!!

 

 

 

 

ここからは映画「リビングザゲーム」の感想文になります。

 

 

 

結論から書くと、すべての格ゲーマーを愛する人達に見て欲しいという感想を持ちました。

プロゲーマーの抱える葛藤・焦燥感がダイレクトに伝わってくる良いドキュメンタリー映画だと思います。

 

私は長年、格ゲーの大会の試合やそれぞれの格ゲーマーの配信をよく見る所謂「動画勢」なのですが、だからこそ知っている、あの大会のあの試合のあの場面で、プレイヤーがどんな気持ちで挑み、戦っていたのかという事が掘り下げられていて自分の感情が揺さぶられました。

 

特に感情移入したのは、梅原と同時に描かれるももち夫妻の葛藤でした。

観る前は梅原大吾を中心とした映画なのかなと思っていましたが、これはももちが主役の映画だな、そう思いました。

 

カプコンカップとEVOのトップを獲ったももち。

頂点を獲ったのに梅原を越えられないと語るももち。

チョコちゃんが言った「引き立て役かよ」っていうセリフが頭にガツンと残る。

 

敬虔なウメハラ信者の私でも、ももち夫妻に感情移入して観てしまった。

そしてももチョコの二人の事がますます好きになりました。そんな映画です。

 

ウメちゃんは終始、ももちの越えられない壁として出てくるので主人公というよりはラスボスという印象でした。

 

あと海外選手の過去とか考えている事とか全く知らなかったので、それが知れたのも良かったです。あんなに明るくて自分の事を老害なんて言ってるゲマビにそんな過去があったなんて知らなかったし、知れて良かった。

 

・・・・真面目な文章で映画の感想とか慣れない事したから、ここから言葉を選ばずに適当に書くけど、何年も前の格ゲーシーンの映画なんで今やってるスト5じゃなくてウル4なんですよね。そこでうわ!めっちゃ懐かしい!!ってなりました。

 

あーーーーそうそうももちケンな~~~~ウメちゃんの殺意リュウが最後に完成した時は震えたよなぁ~~~~とか懐かしかったな~~~~~

 

大会の様子を映すと必ず画面の端に誰かしら格ゲーマーが映るのでそれを探すのも面白かったし、マッドキャッツ!!!!うめときマゴ時代!!いやーーーー!!懐かしさの権化!!って終始心ウキウキしました。

 

そう思うと、ここ数年で格ゲーマーを取り巻く環境ってたかだか何年か前の映画なのに懐かしいって感じるほど、急激に変わったんだなぁって。

 

格闘ゲームの大会が急にEスポーツなんて持て囃される時代になって、昔から応援している人間としてはちょっとその響きがこそばゆかったりするんだけど、これからも格ゲーシーンの発展を願っています。

 

めっちゃ長くなっちゃったけど、

 

リビングザゲーム面白かったので観られる人は是非観て下さい!!

 

www.living-the-game.com

 

引っ越しに忙殺された人の近況報告

ブログではお久しぶりです!

昨日、鶏がらスープの素を床に盛大にぶちまけて発狂してたサキヲです!!

 

前回のブログ更新が2月だったので1ヵ月以上更新しなかったんだねぇ~いや~月日が経つのはめっちゃ早いな。

 

なんでこんなにブログ書けなかったのかというと、お引っ越しをしていたからです。現在はやっとこさ整ってきた新居からブログを書いています。つまり新居の綺麗に綺麗に掃除したばっかの床に鶏がらスープの素をぶちまけたんだよ!!ははは!!

 

わかってたつもりだし、それなりに準備して挑んだ筈の引っ越しだったんだけど、いやもうマジで大変だった。まず、自分の持ち物の多さに驚いた。ほとんどが漫画本なんだけど、引っ越しを機に数えたら2500冊ありました。

 

前の住居は収納が多かったから、なんとか収まっていたけれど、新居は収納があまりないのでもう読まない物はこの機会に処分しようと頑張ったけど、それでも2000冊の漫画を持ってのお引っ越しになりました。それを梱包するのがもーーーーーーーーーー重いし多いしとにかく大変だった。紙の本は重いので小さめのダンボールにまとめて50箱になりました。アホか。

 

私は心に固く誓いましたよ・・・・これ以上はぜっっっっっっったいに漫画を増やさない!

絶対にだ!!!!新居にきてテンション上がって早速ホイホイ漫画買ってるけど!!増やさないから!!むしろ徐々に減らすから!!見てて!!

 

本棚は前の住居で使っていた木の可動式本棚を分解して、ブルーグレイのペンキを塗って新居に持ってきました。このペンキを塗るDIY作業も、地味に引っ越し作業中に疲れた原因でした。楽しかったけどね・・・・。

 

だから本棚に収まってた分の漫画は片付け出来たんだけど、押入れに収納してた分をね~どうするか考えないとね~漫画倉庫部屋はまだダンボールが残ってるから、これから荷解き頑張ります。

 

リビングは家具を総とっかえしたので、居るだけで新鮮な気持ちです。

あんまりインテリアとか今までこだわってなかったけど、色合いとか統一しようと思って、ソファーとカーテンとラグは寒色系でまとめました。なかなかいい感じ。

 

あとなんと言っても家電!

これはトースターからオーブンレンジから何から何まで一新したから、料理がめちゃくちゃ楽しいです。あとずっと土鍋で炊いてたご飯を炊飯器さんにまかせることにしました。やっぱコンロがご飯炊くので1つ塞がるのはけっこうなストレスになってたので。

 

全然知らない土地に引っ越してきたので今は町を自転車でブラブラするだけでも楽しいです。そう!自転車!買ったんですよ!!前の住居は駅からえげつな近いし、徒歩でも何も困らなかったからずっと自転車乗ってなかったんだけど、自転車めっちゃ楽しいわ。思い出したわ、自転車の楽しさ。

 

引っ越し以外には何してたかな~ここ1ヵ月は本当に引っ越しに関する手続きとか、家具選びとかに脳を支配されていたからあんまり思い出せないんだけど。

 

そうだ!ときレスのゲーム!!

あれは良い物でしたね。ゲームじゃなくてドキュメンタリーですが。

ライブの映像が見られるだけでときレスラーとしたら神ゲーでした。

引っ越しに邪魔されてまだ伊達さんと隊長と不破くんのルートしか出来てないけど、これからゆっくりやろうと思います。また全部やったら感想文書こうかな。

 

引っ越しの事を思い出しながらつらつら書いてたらめぐさんのアルバム届いた~~~!!やった~~~~~!!これからゆっくり聞こう~~~~!!

 

4月になったら徐々に落ち着いてくると思うのでまたブログ書いてたら暇つぶしに読んで下さい。それでは!!

 

kinkurido.jp

林原めぐみ様のライブ円盤リリースイベント「あなたに会いに行く」行ってきたよ!

f:id:sakiwo:20180212181917j:image

 

大分前に当選のメールは受け取っていたんだけど、めぐさん関連のイベントの当選率高すぎて、これ本当?騙されてない?と思ったのと、リリイベ当選したよー!!って言っておいて当日、身分証忘れたりして入れないんじゃないかって不安に苛まれて全然ツイッターとかでも報告してなかったですが!!

 

実は!めぐさんの!!リリイベ!!当選してたんです!!!!やったーーーーーーーーー!!!!!!

 

もう嬉しすぎてブログの文字も赤くなっちゃう。

しかしラジオの公録も行けて、ライブも行けて、ライブ円盤のリリイベにも参加出来た確率ってどれくらいだったんだろう・・・・ほんとにめぐさんに関する自分の強運はすごいかも知れない・・・・。

 

めぐさんのライブいらっしゃってた方~って言われて手をあげたらめちゃくちゃ少なくて改めてあのライブに参加出来た事は奇跡だったんだなって実感しました。

 

行けたからには、めぐさんのリリイベ入れなかった人の為にも覚えている内にブログに書いておこうと文章を書いているんですが、めぐさんの「透明なうんこが口からポロポロ出る」っていうパワーワードのせいで記憶が口からポロポロこぼれ落ちてしまっているので、まぁこんなニュアンスの事言ってたんだ~程度に思って下さい。

 

私が参加したのは、神戸の2回目です。

 

神戸のリリイベに応募しようと決めていたけど、1回目と2回目でめちゃくちゃ悩んだ。色々考えて午前の部の方が応募する人多いだろうと思ったので、午後の抽選に応募したんだけどこれが功を奏したのかどうかはわからない・・・・でも当たったから間違ってなかったと思う。

 

会場に着いてまず、思ったのがめっちゃ近いヤバイってこと。

私はキャパ300の会場で後ろから2番目の列だったんだけど、それでもめぐさんの表情はしっかり見えたからもーーーーーさぞかし最前列の人達はめぐさんの神々しさに目を焼かれて、前が見えない状態だったんじゃないかと推察します。

 

大体、こういうイベントの時ってめぐさんが1人で進行もしないといけないんだけど、今回のリリイベはキングレコードのスタッフさんが司会で回してくれて、ゲストにはめぐさんのライブの演出をされた、藤沢文翁さんが居て下さったので、終始めぐさんはまったりとリラックスされた雰囲気だったと思います。

 

 飲み仲間でもある藤沢文翁さんとは、なんとリリイベ前日に深夜の2時過ぎまでお酒を飲んでいたとか・・・・神戸のリリイベは午前と午後の2回もあったのに、ほんとめぐさんって元気だな・・・・。

 

学校の講堂をコンパクトにした感じの舞台の真ん中にスクリーンがあって、ライブ円盤のメイキング映像を流しながらお話されていました。

 

めぐさんのイベント当日の衣装、今確認したら光沢のあるシルバーのワンピースでしたね!私の目からはスクリーンの光に照らされて薄い紫に見えてたんだけど、素敵でした。あとやっぱほっそかった。私もあれぐらい細くなりたい。

 

メイキング見た人ならわかると思うんですけど、最初にこのライブの見所は?ってスタッフに尋ねられて、めぐさんがキッパリ「ないです」って答えるシーンがあってそれが流された時、めぐさんが「改めてでっかいスクリーンでないですって見るとひどいな!」って言っててめっちゃ笑いました。はぁ好き。そういう所よ~~~~そういう所がほんとねぇ~~~~~~~好き!!!!!!!!!!

 

神戸の中華街にある老祥記の肉まんが美味しいから、ぜひ食べて帰ってねってめっちゃ言ってた。めぐさん昔っから老祥記の肉まんが大好きで、リスナーなら誰しもが知っていると思うんですけど、やっぱり今回も言ってたし食べてました。私も老祥記の肉まん大好き。肉汁すごくてなんか異様に美味しいんだよなアレ。

 

メイキングの会議を映しながらのトークで、藤沢さんが「ライブの演出もして脚本も書いてって・・・・そんな人がこっちの業界に来たらおしまいだから来ないでね。ヤフーニュースで演出家に転向!とか見たら家行きますからね」って言ってて面白かったです。

 

そうなんだよねぇ。あのライブのイメージやキャラのセリフ、演出面から衣装から全部めぐさんが関わってやってんだもんな。すごすぎる。

 

最後にめぐさんが、この会場に来れた人は透明な見えない何かが引き合わせてくれてるんだと思う。今後もそういう見えない物を大事にしていきたいみたいなニュアンスの事を仰られてて、めぐさんと繋がっている見えない何かを私もずっと大事にしていこうって思いました。

 

軽快なトークで終始会場は笑いに包まれ、和やかな雰囲気で終了。

時間は1時間ちょっとのイベントだったんだけど、満足感がすごかったです。

生のめぐさんを見たら泣いちゃう病気の私でも、トークが楽しすぎて涙の出る暇もなかったです。なんていうのかな、いつも聞いてるラジオを聞いている様な感覚でした。

 

新作アルバムのタイトル発表もされました!

アルバムタイトルは・・・・

 

Fifty〜Fifty

 

めぐさんのお誕生日の3月30日に発売です。

このアルバムに収録される曲「fifty」のレコーディングを明日するって言ってたから、今頃レコーディング中でしょうか・・・・ほんとに楽しみです。

 

それにしても、東京でリリイベしてすぐ新幹線に乗って、神戸に前乗りして深夜2時半までお酒ジャバジャバ飲んで神戸のリリイベを午前・午後の2回してすぐ東京帰って次の日レコーディングだなんて・・・・めぐさんめちゃくちゃすごくない????

 

ほんと無理だけはなさらないで、でもたまに神戸に来てくれると嬉しいです。

もう終わってしまったけどめぐさんのラジオハートフルステーションはほとんど神戸で行われてたので、神戸にめぐさんが来てくれたって事実だけでなんかハートフルを思い出してジーーーンとしちゃいました。

 

勢いだけの文章でしたが読んで頂いてありがとうございました!!

最後にめぐさんのリリイベのブログ上がってたので貼っておきます。

 

 

lineblog.me

 

 

親知らずぶっこ抜いてきたよ!

抜かないといけないいけないと思いつつも、抜歯っていう単語にビビりすぎて後回しにしまくっていた親知らずをついに抜いてきたよ!!

 

私のスマホの検索履歴は【親知らず 残す】【親知らず 抜かない 方法】とかめっちゃ直前までどうにかして、親知らずを抜かない為の理由を探しまくった痕跡がびっしり残ってる、それ位、嫌で嫌で仕方なかったんだけど、そんな私でも親知らず抜けたよ!!やったーーーーー!!

 

親知らずで検索すると怖い事ばっか書いてあるし、そのせいでビビって親知らず抜けない人も大勢いるだろうから、私の個人的な感想だけど、親知らず抜歯体験を残しとこうと思いまして。

 

私が今回抜いたのは右上の親知らず1本。

 

この時点で、親知らずを全部抜いた事のある親知らずマイスターの人達には「上の親知らず1本?はっ!!親知らずビギナーが!!しゃしゃってんじゃないよ!!」と思われるだろうけど、一応さ!上の親知らずも怖くて抜けない私と同等のビビリの人だって、いるかもだからさ!私と同程度の人~~~~~~ちょっと聞いて~~~~!!

 

結論から言うと、

上の親知らず本当に楽勝でした。

マジでマジで。

 

歯医者さんに聞いたら、上の親知らずはけっこう簡単らしい。

下の親知らずは苦労する人も居るみたいなんだけど、上はほんとスポッて抜けた。スポッて。歯の根っこの形とか、生え方にもよるんだろうけど、そこは歯医者さんに聞いてみて、素直な生え方してる親知らずなら、迷ってる人は抜いた方が良いと思う。

 

親知らず抜く手順としては、CT撮る→麻酔→抜歯っていう手順。

 

CTはなんで撮るのかというと、親知らずを抜いた後に、鼻と親知らずを抜いた穴が開通しちゃって飲んだ物が鼻から出ちゃったりする事が稀にあるらしいから、まずCT撮って、そこと開通しないかどうかを見てもらった。

 

その結果、私の親知らずは右はギリギリ開通しなさそうで、左は開通しそうな気配があるとの事で、左の親知らずは紹介状書いてもらって、もし開通しちゃった時に対処出来る口腔外科でやる事になったよ。今はそっちの方にめちゃくちゃビビってるよ。でも、ワンチャンいけるかもっつって歯医者で抜くより、口腔外科で抜いてもらった方が安心でしょって言われたから頑張るよ・・・・うん・・・・。

 

という事で、右の親知らずだけを抜く事になったんだけど、麻酔してしばらく待って、先生がなんか器具を口に入れたと思ったら「はい、もう抜けましたよ~」って言われてビックリした。

 

だって体感30秒くらいだよ!?

歯ってそんな簡単に抜けるんだすっげーーー!!って思った。

 

でもさ、親知らずって抜いた後が地獄だってよく聞くじゃない?

私もそれが不安で不安で仕方なかったんだけど、麻酔きれて随分時間が経ったけど、痛くないんだよ。ロキソニンとか色々処方されたんだけど、飲まないでも全然大丈夫。すごい。抜いた所の違和感とかはもちろんあるんだけど、ズキズキしたりヒリヒリしたりとかはないです。はーーーーーーー良かった・・・・。

 

ほんと直前まで、小鹿の様に震えてたのはなんだったんだか。

しばらくご飯食べられないんじゃ・・・・とか悲観的になってたのに麻酔きれた後も全然痛くないもんだから、たこ焼き食べちゃったよ。美味しかった。

 

下の親知らずは生えてきてないからわからないけど、上の親知らずが磨きにくくて大変だとか、虫歯になっちゃったとか、噛み合わせが悪いだとか、ほっぺた噛んじゃうとかで煩わしく思っている人は、ビビらず抜いてみるのも良いんじゃないかな。

 

ちなみに抜いた親知らずは、持って帰りますか?って聞かれて思わず「はい」って言っちゃって手元にあります。根っこが1本の太い釘みたいな、ご立派な親知らずだったよ。これ、どうやって保管しよかな・・・・。

断捨離シャリシャリ

毎日、わりと忙しい日々を送っていてブログやらなんやらが、とても疎かになっている。嘘つけお前、さっきまで格ゲーの大会EVO JAPAN見て興奮してただろって思うだろうけど、格ゲーの大会はすべてを犠牲にして見るものだからいいんだ。ジョンくん惜しかったけど、ウメちゃんが久々にTOP8に残って、3位だったし、インフィルはやっぱ魔王のごとき強さで面白かった。すべてを犠牲にして良かった。

 

いや、とにかく忙しい。

何が忙しいの?って色々な手続きとか、それに伴う色々が色々あって色々なんだ。

その一つとして、不用品の処分を優先的に進めている。

家の物を少なくしよう、半分以下の持ち物にしようと目論んでいる。(漫画以外)

実際、私の家にある物ってほとんどが漫画なので、漫画をなくすと3分の1の物がなくなるけど、それはほら生き甲斐なので・・・・無理なので・・・・要らない服とか靴とかをポンポン捨てている。

 

捨てるには忍びない物を、メルカリに売ったりしているんだけど、これがまた面白い。メルカリってもっと難しいというか、面倒くさいイメージだったけど、梱包の手間さえクリアすれば、らくらくメルカリ便等を使って宛名も書かず、お互い匿名で送れるし、配送も重い物は、黒猫さんに取りに来てもらえるし、軽い物は近所のコンビニにペッと出せば終わりなので、本当に便利な世の中になったなぁと感心している。

 

物をバカスカ捨てていると、段々、要らない物がある部屋が気持ち悪くなってくる。

安いという理由だけで買った服。

なんとなく使ってる別に気に入ってないカバン。

見た目だけで買った歩き辛いパンプス等々・・・・。

 

ミニマリストを気取るつもりは毛頭ないけれど、気に入った物だけに囲まれた部屋作りを今後やっていきたいなぁと思う。その為に今はバンバンブンブン物を売ったり捨てたりを頑張りたい。

 

ミニマリストで思い出したけど、物を極限まで持たない暮らしを愛する人達のブログはすごい。様々なミニマリスト達のブログを読んでみているが、まるで仙人の様な達観した物との付き合い方は感心する。自分がそうなりたいとは思わないけれど、部屋を片付けたくてもなかなか片付けられない人は、一度ミニマリストのブログを読む事をオススメする。え?私の部屋物多くね?ってなって片付けがめちゃくちゃ捗るのだ。

 

ふと思ったけど、オタクとミニマリストって両立するのかな?

オタクは色々と部屋に物があふれかえっているイメージだけど、スッキリした部屋に住んでいるオタクも存在するんだろうか。

 

私は自分の事を浅瀬のオタクと思ってるんだけど、それでも物は多いからな~主に漫画だけど。これは電子書籍にするだけでたちまち解決するという事は知っている。わかっている。周りの漫画読みの友達もどんどん電子書籍に移行してる。わかってる・・・・わかってるし、一部の巻数の多い漫画は試しに電子書籍にしてみたりもした。

 

だけどな~なんか電子書籍は目が滑る。

あと脳に残らない。なんでかは知らないけど、読んでも脳に漫画の内容があまり残らないのだ。それで未だに、紙の漫画を愛好している。

 

紙の漫画がすべて淘汰されるまでは、でっかいでっかい本棚に紙の本を並べてニマニマする生活をしようと思う。めちゃくちゃかさ張るし、面倒くさい部分も確かにあるんだけれど、あのねーなんか・・・・なんか良いんだよなぁ。紙の本を本棚にこうピッシリ並べると脳汁が出るんよなぁ。

 

まだまだ漫画は減らせそうにないけど、他の物はめちゃくちゃなくなっていってるので、漫画しかない部屋の真ん中で体育座りしながら虚ろな目をしだしたら、病院に連れて行って下さい。よろしくお願いします。

総てを括るぞ~~~~!!【2017年総括】

早いもので2017年がもう終わろうとしていますね。

 

わりと2017年後半は、ダラダラと過ごしていたんだけれど12月になってから、やらなきゃいけない事とやろうと決めた事を一気にこなさなきゃいけなくなって忙しい毎日を過ごしてます。

 

楽しい様な不安な様な、フワフワした気持ちで年末を迎えていますが、今年もまぁ色々あったなぁ。本当に。

 

2017年は全体的に見て楽しく過ごせた様に思います。

保守的な自分の割には、初めてチャレンジした事も多く、お!けっこう頑張ったんじゃない?と思ってます。

 

思い出といえば今年はこのブログに何回も書いたけど、子供の頃から大好きだった林原めぐみ様のファーストライブに行けた事が何より楽しかったですね。

2017年で一番幸せだったし、今までの人生の中でも一番幸せな出来事と言っても過言ではないと思う。

 

格闘ゲームの世界大会EVO2017でときどさんが優勝したのも、めちゃくちゃ興奮したなぁ。絶対に倒せないと誰もが思った所からの捲りは、色んな人に感動と勇気を与えたと思う。ときどさん素晴らしい。

 

ハワイに旅行へ行ったのも楽しかったなぁ。

海外ってピストルで撃たれると思っていたので、ビクビクしながら行ったけどめちゃくちゃ良かった。のんびりした雰囲気で景色がどこに行っても良いから、歩いてるだけでテンション上がった。また絶対に行きたい。むしろ移住したい。

 

あとこのブログを始めたのも、自分の中では大きい出来事だったかな。

なにかあった時に、ツイッターの短文じゃなくて、ブログに長文でダラダラと自分の思った事を書けるってすごくいいなぁって思いました。

その割に、忙しさを理由に全然書けてないけど。ブログを書く頻度を増やすのは来年の目標にしたいですね。

 

しんどくて辛い事も色々あった様な気がするけど、それ以上に楽しい事がいっぱいあったから忘れちゃったな。来年も今年の様な楽しい思い出いっぱい作りたいですね。

保守的な自分を打破したいと常々思っているので、新しい事にチャレンジする事を恐れず、思いついた事はバンバンやっていこうと思います。

 

 

それでは、今年遊んでくれたり、ツイッターでワイのワイのしてくれたり、ブログ読んでくれたりした皆様、ありがとうございました!来年も私は変わらず、ツイッターでワーキャーしたり、ブログ書いたりしてると思うので、見かけたら「あーまたやってんなぁ」って生暖かい目で見てね!!

 

来年もよろしくーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

ザキザキザッキザキ

信じられないと思うだろうが、ザキザキザッキザキというタイトルは最初、ブログのタイトルにしようと思って考えたものだ。ブログタイトルはセンスの良いものにしないと、プークスクスされると思ったので、真剣に考えたのだが、このタイトルでいこうと思うと、人に話したら、すごく微妙な笑みで「やめといた方がいいんじゃない?」って言われてひどく傷付いた。

 

そんなに?そんなにヤバかった?

いやそりゃさ会心の出来とは言わないけどさ?

仄かに憐れみと嘲笑をブレンドした表情で言われるほどひどい?と未だに根に持っている。

 

でもまぁ、今のIQ1007というブログタイトルは気に入っているので、ザキザキザッキザキにならなくて良かったなとは思う。ザキザキザッキザキって当時めっちゃ良いとマジでガチで思っていたけれど、いざ字面で見るとえらくこっぱずかしい感じがあるので本当にザキザキザッキザキにならなくて良かった。なんだよザキザキザッキザキって。ブログ舐めてんだろ。

 

なんでザキザキザッキザキザキザキザッキザキしつこく書いているかと言うと、今日のブログが雑記だからだ。ザキザキザッキザキはめっちゃ雑記だよという意味を込めた渾身のタイトルだったのだ。

 

ここ最近、あれをやりました、これをしてみました、楽しかったですみたいな記事しか書いてなかったので、脳を極力使わない文章が書きたくなったのである。

 

脳が壊死しない為のブログなのに、脳を使わないとはけしからんとか思わないで。たまに、そんな気分の時だってあるじゃないですか。ほら、適度な休息は脳にも大事ですから。

 

あれをしたこれをした系のブログ記事は自分の体験した事と思った事を書かなくてはいけないので、多少脳を使う。大体、1つの記事を書くので1時間くらいかかっている。書いた後、誤字とか文章がおかしくないかもチェックするので、合計1時間半くらいかけてるだろう。

 

一方、この記事の様な脳ミソ垂れ流し記事は、30分もかからない。読み返すのも馬鹿馬鹿しい仕上がりなので、チェックも適当だ。

 

毎回、これくらい内容のうっすうすい記事だともっと更新出来るんだろうけど、このブログは私が書きたい事をただつらつらと書いているだけのブログなので、その時の気分とコンディションによって書きたい事も変わってくる。

 

…ところで雑記ってなんだ?

ほんとに私は雑記書けてる?

不安になってきたのでさっき2秒で調べたら、いろいろな事を一貫性なく書くというのが雑記の定義らしい。良かった合ってた。

 

もっと雑記らしくする為に、話は飛ぶが、私は漫画が好きだ。この世にあるすべての娯楽の中で1番面白いのが漫画だと思っている。

 

最初、このブログは漫画の感想文、紹介文でいっぱいにしようと考えていた。何回も何回もオススメの漫画について書いたりしてはみたものの、最後まで書き上げる事が出来なかった。

 

その原因は漫画が好きすぎるからだと思う。

私の文章力では到底、その魅力を伝えられない。そう思ってしまう。小難しく考えすぎなんだろうな。

 

もっと勢いだけで、この雑記みたいに力を抜いて一度書いてみようと思う。

 

今後、漫画紹介してたら、ちゃんと書けてえらいねって褒めてくれ。褒めたら伸びる子だからお願いします。