「ネットで知り合った人と会う」って言葉めっちゃエロくない?

かつて私はネットで知り合った人と会うなんて、とんでもないという思想を持っていた。

 

だってどんな人が来るかわからないし、良い人の仮面を被ってこっちが隙を見せたら、たちまち豹変して包丁でブッスーーーいかれるかも知れない。そんな事を想像して勝手に怯えていた。

 

Twitterを始めて7年くらいになるが、この考え方が変わったのは、ここ2・3年くらいの出来事である。

 

最初からフォローしている人達とは7年、浅い人でも4・5年の付き合いになる。私はほぼ毎日Twitterを開くので、7年間フォローしている人達のツイートを見続けている事になる。すると流石にわかってくる。この人は良い人そうだなとかこの人は実際喋ってみると面白いだろうなだとか。

 

そもそも嫌な人をフォローしたりはしないから大体は私にとっての良い奴しか残っていないのである。

 

私を長年支配していたネットで知り合った人と会ったら包丁でブッスーーーいかれるという恐怖は、Twitterを見ている内に自然になくなっていった。

 

ただ、自分から誘うという事はしなかった。会ってみたいな、喋ってみたいなと思う人は沢山いるけれど、私と会いたいとは限らない。そもそも私はみんなの様に頭がおかしいわけでも、特出して何か出来るわけでもない、ごくごく普通の1007歳の魔女である。(そういうことになっています。察して下さい)

 

Twitterではなんとかクレイジーで面白い人達の中で1007歳の魔女とかいうキャラだけで対抗している勢いだけの人なのに、会って、喋ってしまったらもう、なんていうかその、バレバレじゃん?それってなんか興醒めじゃない?じゃあ会わない方が良くね?会ってみたいけど、やっぱ無理だなと諦めていた。

 

そんな時にどんな気まぐれか誘ってくれた人が居たお陰で今じゃ、会う人会う人に部屋の間取りを描いてもらって、たまに眺めて楽しむまでに成長することが出来た。

 

元来、人と話すのがめちゃくちゃ好きなのでTwitter上である程度、趣味だとか好きなものとかを知っていてブーストをかけた状態で会話が出来るのが面白い。本当は徐々に打ち解けて探り探りの会話をして、やっと本当の会話にもっていくみたいな面倒な所を一切省けるのが魅力的だと思う。

 

かつての私の様にネットで知り合った人と会うと包丁でブッスーーーいかれる教の人に意外とブッスーーーいかれないし、めちゃくちゃ面白いよって伝えたい。

 

ただ、これは7年の月日をかけたから、この人は良い人だって見極めも出来たけど、フォローしてすぐ連絡先交換して会うっていうのは包丁でブッスーーーいかれる度が上がると思うから慎重にして欲しい。

 

 

 

ときどさん素晴らしすぎる

ときどさん!!EVO2017・ストⅤ部門優勝おめでとうございます!!

 

我が事の様にめちゃくちゃ嬉しいよ~

前回の記事で優勝予想書きましたけど、ときどさんがルーザーズから優勝をかっさらってくれるなんて思ってなかった!!

 

いや、ときどさんって元々めちゃくちゃ強いし、最近すごく仕上がってて本人も自信あるって言ってたし全然あるだろうとは思ってたけど、思ってたけど!!

 

私達が「こうなればいいなぁ~でも無理だろうな~」って思ってた青写真をそのまま描いてくれて・・・リアルタイムで見ていた時は感動しすぎて手が震えてた。

 

素晴らしすぎるから見てない人は見て!

 

【格ゲー世界大会】EVO2017 スト5 GrandFinal ときど vs Punk part1【決勝】 by zabac79号 ゲーム/動画 - ニコニコ動画

 

決勝まで無傷で上がってきたPunkというアメリカの選手は、今回のEVOだけではなく数々の大会で優勝しまくってる、その正確無比なプレイスタイルがまるでCPUのようだと揶揄されるほどの実力の持ち主。

 

EVOに参加する強豪選手達も優勝予想にPunkの名前をあげていた。

 

誰がPunkを倒すんだろう・・・というか倒せるんだろうか・・・みんなそう思ってたと思う。決勝でウィナーズに残っていた日本人選手が次々とルーザーズに落とされた時「あ、これPunk優勝だ・・・あんな強い人相手に6回も勝つなんて無理ゲーじゃん」

 

そう思ってた。

 

でもさぁ、ときどさんはやってくれたんすよぉ・・・。

完全に主人公でした。

ときどさん素晴らしい。

ときどさんの著書5億冊買います。

 

www.amazon.co.jp

 

でも私、ときどさんの優勝が決まって表彰されている時、笑顔のときどさんの横で泣いていたPunkを見てPunkも人間だったんだなぁって・・・19才の男の子だったんだなぁってそう思うと・・・そっちの感情にも持っていかれて・・・ラスボスとかCPUとか言われてたけど、違うよなぁ・・・Punkだってすごい努力して壇上に立ってたんだよなぁって考えて、そっちでも涙が出た。

 

そのあとのときどさんがインタビューでマゴさんの名前を出した時にまた泣いた。

こんなに感情を揺さぶられる、感動出来る格闘ゲームって改めて素晴らしいなって思った。

 

EVOありがとう。

ときどさんありがとう。

すべての格闘ゲームに携わる人達ありがとう。

 

私、格闘ゲーム好きで本当に良かった!!!!

 

 

EVO2017楽しみすぎる

年に1度のお楽しみ!EVO2017がもうすぐ開催されるよ~~~!!

わーーーー!!パチパチパチパチドンドンパフパフ

 

EVOとはなんぞや?っていう人に軽く説明すると格闘ゲームの世界大会のことです。

格闘ゲームのつえー奴らがアメリカ・ラスベガスに集まって、一番つえー奴を決めるトーナメント大会なのだ!!

 

今でこそ格闘ゲームの大会って様々な場所で行われているけど、EVOの歴史は古く、なんと1996年から毎年開催されている由緒正しい大会なのですよ!

 

EVOで優勝すると一躍有名になってスポンサーがついてゲーム1本で食っていけるようになったり・・・そんな夢のある大会なのです。なのでプロゲーマーを目指す人達はこぞって参加してます。もちろんプロゲーマーもね!

 

私はこの大会を毎年めちゃくちゃ楽しみにしていてですね・・・日本人選手は全員応援しています。EVOのトーナメントは本当に過酷です。予選抜けるのだって一苦労。だって今年はストⅤだけで2622名も参加するんですよ?多くない?2622名の頂点に立つっていうのはプロゲーマーでも至難の業。

 

どんなに練習していても、その日の体調、メンタル、時の運に左右されるんですから、EVOで優勝するって本当にすごい事なんですよ。

 

日本人選手は全員応援しているのですが、私が個人的に優勝あるでと思っている選手はネモさんです。ネモさんは世にも珍しい社会人プロゲーマーという社会人とプロゲーマーを両立させてるすごいお人です。普通に会社に勤めているので今年、大会にはあまり参加出来てませんが、その中でも参加した大会では全部結果を残しているので期待しています。あと足が長すぎる。スラッとしすぎてる。生でネモさん見た時、足長すぎるって思ったもん。足ばっかりみてたよ。

 

 

あと私は敬虔なウメハラ信者なのでそろそろウメちゃんに結果を残して頂きたいと思っています。ウメちゃん頑張れーーーーー!!!!

 

EVOほんと楽しいので気になった人は見てみてね。

日本語配信もやるよ。ストⅤ以外のゲームのトーナメントも開催されるから気になるゲームがあったらチラッと覗いてみてね。じゃ!私はEVO観戦用のおやつとか買いに行くので!!

 

www.4gamer.net

 

ハワイが私をダメにした

私ね・・・4月にハワイに行ったんですよ・・・。

それはそれは楽しい旅行だったんですよ・・・。

 

でもね・・・

 

ハワイが「美味しいもの食べなさい。せっかく来たんだし。初の海外なんでしょ?だったら後悔しないようにいっぱい食べなきゃね!ほらエッグベネディクトだよ!どデカイハンバーガーだよ!生クリームてんこ盛りのパンケーキだよ!マグロだって美味しいよ!ポケ食べな!ポケ!」

 

って言って誘惑したから・・・甘やかすから・・・

 

ハワイから帰ってきて、あーまぁちょっとお肉?なんかプニプニした肉?がついてるな~まぁせっかくのハワイだったしね~仕方ないよね~まぁ自然に落ちるでしょ~大丈夫大丈夫~

 

って放置してたら、そのプニ肉が「あ、どうも!ここ居心地良いですね!お世話になります!」って言ったっきり出て行かなくなってしもうた・・・ぎぃぃぃいぃぃ!!

 

ハワイに行ったのが4月だから・・・3ヵ月も居候されてる!

 

どんだけ放置するんだよ!やれストレスだとか!今日くらい良いじゃないかが積もり積もって!でもめっちゃきっつい食事制限とかはやりたくない!なんとかしてこのプニ肉には円満に立ち退いてもらいたい!出てって!

 

という事で、またプールに通うことにしました。

 

以前プールに通っていたのはどんくらい前だったかな~もう覚えてないくらい前だったんだけど。その時はけっこうプニ肉除去に成功したので、またお世話になります。

 

筋トレとかは苦行に感じてしまうんだけど、プールで泳ぐのは気持ちいいし苦にならないから好きなんだよね。髪乾かしたりする手間が面倒臭いけど。背に腹は代えられぬ。

 

前は寒風吹きすさぶ11月くらいからプール通いだして、なんか寒い時期のプールってテンション上がらねぇなと思って通わなくなってしまったんだけど。

 

今思い切り夏だから!これ!イケるでしょ!

いけるいけるやれるやれる!!!!

 

プニ肉根こそぎどつき回すぞ~~~~~!!!!

 

ところで昔は全然泳げなくて水泳の授業を悉くサボりまくってたんだけど、今はスイスイ泳げるの本当に不思議だ。なんか泳いでみたら普通に泳げたんだよね。あの頃の苦労はなんだったのか・・・。

 

 

きしょくない文章を書くのって難しい

さっきまで林原めぐみさんに対しての愛を語ったブログを書き綴っていたんですが、書いている内に文章がめっちゃきしょくなっていくし、2000文字になっても書ききれなかったので挫折しました。

 

そもそもめぐさんとの出会いからファーストライブの感想までを一つにまとめようとしたのが今回の敗因だったと思います。2000文字書くまでに「あ、これまとまらねーな」って気付かないのも脳の壊死化が進んでいるという証拠ですね。

 

しかし好きなものや人に対して冷静で的確な文章を書く人は改めてすごいなと感心しています。

 

文章をまとめるとか私には無理かも知れません。IQが1007なのにままならない事もあるんですね。

 

とりあえず、きしょくない文章を書く練習をしてからめぐさんの事は書こうと思います。今後の課題ですね。

 

こんな内容のない文章で大丈夫なのか。でもブログって続ける事が大事だって神様も言ってたし。脳が壊死していっている人が更新する記事ってこんなもんだよね。

このままだと脳が壊死しそうなのでブログはじめました

絶対に7月7日からブログ始めよう!なんか縁起良いし!

と、5月くらいから思っていたのを最近まですっかり忘れていて、今日の朝アカウントだけ取って今やっと書き始めるという不安しかないスタートなのですがやっとこさ始めることが出来ました。わーい!

 

ブログを始めようと思ったきっかけは私の敬愛する林原めぐみ様のライブと公開録音に参加した感想をTwitterに書き殴っていたのですが、私の溢れんばかりの愛を表現するにはどうにも文字数が足りないのと「しぬ」「ヤバイ」「あばばばばば」くらいの語彙でしか感想を書けない自分に危機感を覚えたからです。

 

確実に脳が壊死していってます。その進行を少しでも食い止めたいなぁというのがこのブログを作った一番の理由です。

 

あと、私にはネタバレ専用アカウントというものがないので、ダンガンロンパうみねこの鳴く頃に等の感想を書くときに「ベアトちゃんの家具になって毎日ベアトちゃんの足の重みを背中で感じてベアトちゃんの健康状態をチェックしたい」とか「最原くんのお帽子になって最原くんの頭皮のあたたかみを直に感じたい」とか、そういった凡庸な感想だけじゃなくて、もっとストーリーに関して踏み込んだ事が書けたらいいなぁ~と思ったのも大きな理由の一つです。

 

これから適当に更新しようと思っているのでたまに覗いて私の脳の壊死具合を確認してもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。